紅白ラメ(白朱赤ラメ)とは 改良メダカWEB図鑑No.0181

白朱赤

本記事では、改良メダカの紅白ラメ(こうはくらめ)について解説します。

概要


白と朱赤の2色でラメの形質を持つメダカです。

白体色、朱赤体色、ラメ、は次の記事にまとめました。

品種名・通称

品種名 品種名 白朱赤ラメメダカ
形質補足
共通補足
通称 紅白ラメ(こうはくらめ)
様々な呼び名 紅白ラメ幹之メダカ

作出情報

作出年 2016年
作出者 静楽庵

管理番号

種類No. 品種No. 固定品種No.
0181 0167

固定率

説明

非透明理紅白の2色柄で多色ラメの形質を持つメダカです。三色ラメ幹之から斑が抜けた個体が紅白ラメのベースとなったメダカです。三色ラメ幹之から作られているため多色ラメが継承されています。

縁起の良い紅白柄にカラフルな為が入った品種です。

出典 「2019年度版 最新メダカカタログ」p.63/  めだかの館 著/ 2019年

岡山県美作市にある『静楽庵』が、三色ラメ幹之から出てくる黒ブチが入らない個体から作出した、紅白柄の体色にラメ鱗を持った魅力的な品種である。オーロラ系統の血統が入っているため、非透明鱗と呼ばれる透明性を持っており、透明鱗の品種より白さはより明瞭に現れる。現在、黄色素は約50〜60%で出現すると言われている。明確な紅白の体色になる固定率は約10%程(静楽庵調べ)だと言われている。錦鯉や金魚の更紗など、紅白模様は日本人に好まれる色合いで、発表当時から高い人気を得ている。

出典 「メダカ品種図鑑」p.87 ,2018年 刊, 森文俊 著

作出の経緯

参考 

飼育のポイント

基本的な飼育方法とよくある質問はこちらの記事にまとめています。

 

全メダカ共通の選別ポイントはこちらの記事にまとめています。

普通種の選別ポイントはこちらの記事にまとめています。

類似するメダカ

非透明鱗紅白

紅白ラメダルマ

ギャラリー

写真

参考資料

書籍

2021年度版「100年メダカ ~改良メダカ大図鑑~ vol.18」

「2019年度版 最新メダカカタログ」 めだかの館 著/ 2019年

「メダカ品種図鑑」,2018年 刊, 森文俊 著

web

その他資料

出典 静楽庵HP(https://www.kurauchi.jp/subeteha_rn.html)