パンダ ~メダカの目の変化の特徴~ メダカの特徴16/35

メダカの特徴

改良メダカの特徴であるパンダについて説明します。

本ページは、日本メダカ協会公式ガイドライン 改良メダカ品種分類マニュアルを基に解説しています。

由来・概要

目と腹部の虹色素胞が欠如し,黒く見えるメダカです。

白体色と黒い目からパンダを連想し,この名前が付けられたと言われています。

また,パンダのヒカリ体型は,背中に光のある個体は非常に少ないです。これは,腹部の虹色素胞が欠如していることが理由だと考えられます。また,虹彩(こうさい|目の周りの部分)に黒が発現するパンダもいます。

特徴

虹彩が黒く,目全体が黒い

形質補足

なし

類似した形質

個体A・Bの上見写真はどちらもパンダに見えますが,横から見ると個体Bは普通目に見えます。

同じパンダの中でも,虹色素胞の欠如の仕方によって個体差があります。上から見た時に,目の部分に黒がある場合はパンダとして分類します。

参考資料

虹色素胞が欠如し,内臓や浮き袋まで透けて見えるメダカである。

(メダカ品種図鑑p101:(株)ピーシーズ,2018年3月刊)

・眼球に虹色素胞を持たず,眼全体が黒いので,パンダのように見えることから名付けられた。

解説動画

最後に

様々なパンダメダカ

▲白パンダ

▲青パンダ

▲黄金パンダ

▲白パンダ

▲黄パンダ

▲茶パンダ

 

改良メダカの35種類の特徴
体色の特徴

  透明鱗(とうめいりん)の特徴

  目の変化の特徴

  虹色素胞(こうしきそほう)の特徴

  柄(がら)の特徴

  ヒレの変化の特徴

  体型の特徴